Bseries of 原口陶磁苑HARAGUCHITOUJIEN

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

toujienlogobl.jpgtoujienlogobl.jpg

HOME > Bseries

日本伝統の調理・機能食器を、英国生まれのBoneChinaでより強く、美しく。
Kitchen Ware Series : B

日本の伝統的な調理器具(すり鉢/おろし器/果実絞り器/片口)を有田焼の技術を使い再現しました。原料土をBoneChinaにしたことにより強度が増し、扱いやすくなりました。また、昔からあった調理器具が新しく生まれてきた形のようにもみえます。出来上がった料理を美しく見せたり、美味しく見せることは食器としてはあたりまえです。料理が作られていく過程を美しく見せることもおもてなしのひとつである、とお考えのみなさまへ。新しい調理器具シリーズをお届けいたします。

_DSC0543.jpgsuribachi(small/big)_DSC0528.jpgshibori_DSC0532.jpgoroshi(stand)
_DSC0531.jpgoroshi_DSC0540.jpg_DSC0540.jpgbutter case(small/big)_DSC0545.jpgshoyu-sashi(small/big)
_DSC0547.jpg_DSC0547.jpgshibori-mini_DSC0548.jpg_DSC0548.jpgoroshi-mini_DSC0554.jpg_DSC0554.jpgtoribachi
_DSC0551.jpg_DSC0551.jpgotama-tate

■suribachi(すり鉢)でつくれるイタリアンレシピ

「SALSA VERDE : グリーンソース」

|材料|
イタリアンパセリ10g/ピクルス(中)1本/ニンニク1/4片/アンチョビ2尾/ワインビネガー大匙1杯/オリーブオイル大匙3杯/塩・胡椒 適量/
帆立(好みの魚介) 適量/プチトマト1個

|作り方|
イタリアンパセリは茎を取り除き、葉の部分をすり鉢に入れます。ピクルス、ニンニク、アンチョビを入れて、ペースト状になるまですりつぶします。
ワインビネガーを加えて混ぜ合わせ、馴染んだらオリーブオイルを加えてよく混ぜ合わせ、塩・胡椒で味をととのえます。
お皿に②のソースを敷き詰め、その上に薄くスライスした帆立をすこしづつ重ねて円形に並べます。真ん中の部分に5mm角に切ったトマトをのせます。

|アレンジレシピ その1|
千切りにしたじゃがいも1個分と酒を振りかけた鶏のササミ1本を耐熱皿にのせてラップをし、レンジで3〜4分温めます。ササミを細かくさいてボウルに入れ、好みの量のソースを絡めて盛りつけます。好み白髪ネギを飾ります。

|アレンジレシピ その2|
ボウルに半分に切ったプチトマトと茹でたカッペリーニ(極細パスタ)を入れ、好みの量のソースを味をととのえながら加えて混ぜ合わせ、お皿に盛りつけます。

*レシピ監修:青木敦子(フードコーディネーター/イタリア料理研究家)